不妊治療を安心して受けられる病院選び。ポイントをおさえて探しましょう。

不妊治療は家族に大きく関わる問題です。晩婚化がすすんでいる昨今、「赤ちゃんはそのうち授かるだろう」と楽観的に考える夫婦もいますが、人生設計や年齢的なリミットを感じ、治療に踏み切る夫婦が増えています。以前よりは明るいイメージで捉えられるようにはなりましたが、長い時間がかかり、デリケートな治療なので心身の負担は大きなものです。支えてくれる医師と信頼関係が築けなければ成功する確率は減ってしまうといわれるほどです。

では、どのようなポイントをおさえれば良い病院を選べるでしょうか。
1つは、産科とは別になっているかどうかです。
妊婦さんや子どもと同じ待合いスペースになると、当初は微笑ましく思えても、治療が進んでくるにつれて辛い気持ちになってしまう人がほとんどです。
妊娠を望み、辛い努力を続けている気持ちを理解してくれている医師なら、産科とは別にするか、時間帯を変えているでしょう。

2つ目はスタッフの対応です。
どんな疾病でも気持ちの良い対応を受けたいものですが、不妊治療に関しては、長い期間通いますし、ストレスが結果に関わります。予約の電話の対応の仕方でも雰囲気は伝わります。感じの良い応対をしてくれる病院を選びましょう。

3つ目は話を真摯に聞いてくれるかどうかです。
治療でホルモンバランスが変わるので精神的にも敏感になりやすい状態です。
家庭内でも夫婦がよく話し合い、協力し、支え合わなければ良い結果に繋がりません。
不安なことを医師に話し、真剣に聞いてアドバイスをしてもらえると落ち着くことができます。
数値だけで一方的に進めていくような医師よりも、検査結果と心理的な面をバランス良くケアしてくれる医師の方が負担は軽く、前向きに治療に取り組めるでしょう。

4つ目は治療内容と限界を明確に示してくれるかどうかです。
不妊治療にかかる費用は高額になります。
最初にそこでできる治療内容、そこでできない治療があれば他の病院に引き継いでもらえるよう紹介制はあるか等を説明してくれるところなら信頼できます。
いつまでも効果の上がらない治療で大切なお金を払い続けるよりも、目標と限界を決めて一丸となれれば効率よく治療計画を進めることができ、結果がどうあれ、夫婦と医師双方の努力に納得できるでしょう。

不妊治療は医師との相性が大切です。ただ有名だからという理由で成功するとは限りません。自分に合う病院を選んで夫婦の絆を強めながら取り組みましょう。